忍者ブログ
日々の暮らしをつづっていこうかな~
[111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104]  [103]  [102]  [101
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 とんでもないことが起こってしまいました。トラックで突っ込んで、その後はナイフで刺しまくりですか。

 「誰でもよかった。世の中がいやになった。」とは犯人の言葉。世の中がいやになったなら勝手に一人で死んでください。誰でもいいなら自分で自分を殺しなさい。とにかく何の罪もない人を巻き添えにするな。

 この犯人、死刑になるだろうと思うのですが、私はそもそも死刑が極刑であることに疑問を感じます。死刑になりたいと思うやつをその望み通り死刑にして、一体どこが刑なのか?こんなクソな人間の命がなくなったからといって、被害者の命はどうにもなりません。極端に言うなら、親族全員死刑でも物足りないくらいです。もちろん、何をやろうとも物足りるなんてことはありませんが。

 このような凶悪犯には、死刑よりももっと重い刑が必要だと思います。死ぬよりも辛いこと。死んだ方がマシだと思うこと。

 昔、"世にも奇妙な物語"でこういう話を見ました。タイトルは「懲役30日」。以下あらすじ。

 凶悪犯罪を繰り返した殺人犯に科された刑は懲役30日。死刑を免れ、しかも30日我慢すればすむということで喜ぶ犯人。しかし待っているのは厳しい拷問の日々。限界が近づき、ようやく30日目を迎える。ここで気が付くと犯人はイスの上に。実は今まで体感してきたことは幻覚で、実際には刑務所に入ってから5分しか経過していない。再び幻覚の30日間を迎える…。

 死刑に代わる極刑はこれしかないと思います。YouTubeに動画が上がってますので是非見てみてください。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
名前:mattu-
性別:男
年齢:24
趣味:
 音楽鑑賞
 野球観戦
 (阪神・マリナーズファン)
 カラオケ
 イチローの成績チェック
特技:
 カキ氷早食い
 バク宙
ホームページ
パンクロックカバーバンド、"Me First and the Gimme Gimmes"の原曲収集サイト
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
CDリスト

Have A Ball
1st / Have A Ball

Are A Drag
2nd / Are A Drag

Blow In The Wind
3rd / Blow In The Wind

Take A Break
4th / Take A Break

Ruin Jonny's Bar Mitzvah
5th / Ruin Jonny's Bar Mitzvah

Love Their Country
6th / Love Their Country

広告
Copyright (C) mattu- All Rights Reserved.
2007-2008
忍者ブログ [PR]
≪前のページへ戻る    ▲このページの一番上へ戻る